株式投資としてお勧めできること

株式投資をするときには個別銘柄の分析の仕方を知っておくというのがまずは大前提です。株式投資の良いところというのが、企業の業績というのは必ず公開されているものであるという点です。 それは途中経過であることもありますし、最終的な決算というような形でも公開されます。大前提としてこれが正しいということがあるわけでそれを見て判断するということができるのが株式投資の素晴らしい点です。 もちろんその点をごまかしてしまうような企業もあったりするわけですが、あくまでそれは悪いことをしている企業ということで例外的なことであると考えておきましょう。 基本的に嘘はない、というのが決算報告書ということになるわけで、それを見ることができるようなスキルがあれば株式投資というのはおおよそこれからどうなるのかということを個別に判断するということは極端に難しいとは言い難いことになります。 個別銘柄もそうなのですが、この業界にはこの傾向があるといったようなことが結構あったりします。安定性が良いとか良くないとか、この時期に下がりやすいとかあがりやすい、といったようなことです。 ただし常にそれが適用されるのかと言うとそうでもなく、業界においてその銘柄の企業がはどの辺りに位置し手いるのか、といったようなことも影響したりすることもあります。 そういうことの知識も求められるということになります。 多少面倒くさいと思うかもしれませんがなんだかんだで知識があることが株式投資を積極的に行うときにおいて成功率を高めるために必要になることになります。 数学的なアプローチというようなやり方をしている人もいますし、単純にファンダメンタルのみでなろうとするようなやり方もありますしいろいろなやり方ができるところも株式投資の面白いところでもあります。 個人的にお勧めできるのは初心者こそ、配当金狙いをするということです。要するに安定している業績で、これまでずっと配当金を出しているところというのはいくらから例外はあるにしても今後もそうなる可能性が極めて高いわけです。 いわゆる、安定銘柄だけを狙っていくということができればそれだけでも意外と株式投資ではそこそこの成功を収めるということが多いです。 もちろん、配当金を出さなくなるというパターンもありますから絶対安心できるわけではないですが、それでもやり方としては安定していることが多いので実にお勧めできることになります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です